バック・トゥ・ザ・フューチャー

0

    先日、TOHOシネマズ府中にて開催されている、『午前十時の映画祭』に行ってきました。
    この映画祭は、歴史に残る傑作映画を「赤の50本」と「青の50本」とに分け、全国のTOHOシネマズでローテーションで上映されているものです。しかも、1000円です!!

    今回鑑賞したのは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』です。
     

    ビデオやDVDでは何十回と観ましたが、どうしても映画館で観たかった作品。
    ようやく夢がかないました。TOHOシネマズさんありがとうございます。(T_T)

    話の内容はもちろん、セリフまでわかっているのに、実際映画館で観ると、心臓がドキドキ。
    最高です!!
    映画館でここまでドキドキした高揚した気持ちになったのは初めてでしたね。
    今の映画のような凝ったCGとかはいりません。話が面白ければそれだけでいいと思います。
    最近はこういう映画ないかな〜。

    この映画、音楽もいいんですよね。
    「テーマ曲」はもちろん、「パワー・オブ・ラブ」・「バックインタイム」・「ジョニー・B・グッド」等々。
    特に「ジョニー・B・グッド」の場面で怪我をしてしまったボーカルがチャック・ベリーに「新しい音だ」と電話しているなんて芸が細かすぎます。

    そして最後の場面、「あれ?」と思ったは、「TO BE CONTINUED...」のテロップがないのです。
    調べたところ、このテロップは1987年にビデオ化された時に「マーティ達登場人物の人生の旅(冒険)はこれからも続く」とジョークのつもりでいれたみたいですね。
    ただ、これがきっかけとなり、問い合わせが殺到し、PART2・PART3が誕生したみたいです。

    現在は2011年。車が飛んだり、スケボーが飛んだり、靴ひもが自動で締まってたりしていたPART2の設定が2015年。
    あの頃は、だいぶ先と思っておりましたが、あと4年。感慨深いものがあります。

    ちなみにドクが使用していた計測用デジタルウォッチはセイコー製。
    アインシュタインが首から下げていたのはシチズン製だそうです。

    そうそう先日のニュースですが、DMC社が2013年にデロリアン DMC-12 復刻版をEVで発売すると発表がありました。燃料はプルトニウムでもなくゴミでもなく電気なんですね。
    いや〜欲しいです>^_^<


    ◇◆◇ウォッチレスキューのHPはこちらです◇◆◇


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 時計修理 レビュートーメン revue thommen クリケット オーバーホール完了!!
      荒川和郎
    • 既成の革ベルトに切り込みして純正と同じように装着できます。
      佐々木
    • 既成の革ベルトに切り込みして純正と同じように装着できます。
      ウォッチレスキュー
    • 既成の革ベルトに切り込みして純正と同じように装着できます。
      佐々木
    • 時計修理 ジャガールクルト メモボックス AT オーバーホール完了!!
      ウォッチレスキュー
    • 時計修理 ジャガールクルト メモボックス AT オーバーホール完了!!
      矢野元春
    • 時計修理 ロックマン (LOCMAN) TUTTONDO 電池交換完了!!
      ウォッチレスキュー
    • 時計修理 ロックマン (LOCMAN) TUTTONDO 電池交換完了!!
      北出真菜
    • オメガ レディース アンティークウォッチ 入荷のご案内!!
      ウォッチレスキュー
    • オメガ レディース アンティークウォッチ 入荷のご案内!!
      ナカ

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM